ホームページ作りたいデザインと読みたいデザインは違う!?

作れるから作るのではなく

ホームページ制作というのはかなり簡単にできるようになってきています。HTMLを学んだりJavaを学んだりすることによって、 かなり見栄えの良いホームページを素人でも容易にできたりすることがあるわけです。しかし、気をつけなければならないのは作りたいホームページと来てくれた人が読みたくなるようなホームページというのはかなり明確に違うということになるでしょう。作りたいというのは技術を持っている分だけ全て投入したいということが多く出てきてしまいます。ですが、読みたいホームページというのは見やすいことが何より重要になるのでこの二つの認識の差を理解して作るようにした方が良いでしょう。当然ですが、認識の差に関して寄るのは作り手の方です。

読みたいホームページの特徴

具体的に読みたいホームページとはどういうものなのかと言いますと一つはコンテンツです。方向性のはっきりとしているホームページが読まれやすいのは間違いないでしょう。ごちゃごちゃしていないシンプルなデザインというのが求められます。音楽をつけたり、フラッシュなどを多用して見栄えを良くするというのがホームページ制作者のエゴとして出たりすることがあるのです。この点のみを注意するべきであり、飾り気はないが切実な内容でありまた読もうとしてる人に対して配慮されているページデザインというのが読みたいホームページの第一の特徴となるでしょう。飾り気がないと言っても雰囲気がないわけではなく、アイコンや文字デザインなどバランスよく配置するなど作り手としても作り手としても拘れるところはいくらでもあるのです。